麻酔、集中治療、
救急のプロフェッショナルへの第一歩
岡野 将典
岡野 将典

私は、全ての出会いや縁をとても大切に思います。日本大学を卒業後、生まれ育った名古屋にもどり、名古屋市立大学病院、名古屋市立西部医療センターにて医師への第一歩を歩みはじめました。そして同大学病院麻酔科のあたたかい雰囲気の中、後期研修を続けています。ここには、優しく経験豊富な指導医との出会い、麻酔、集中治療、救急、ペインクリニック、そして研究、教育など自分がたのしめる仕事との出会いなど、多くの出会いが待っています。

ここでの研修について、ご紹介します。

①多種多様な麻酔症例

新生児から高齢者まで、軽症から重症まで、そして重症合併症のある症例、小児心臓外科症例など大学病院ならではの症例まで、多種多様な症例を経験できます。そして術前から術中、術後まで、周術期管理の全てを経験できます。困ったときや迷ったときはいつでも相談できる環境があります。

②多くの連携病院

指導医、麻酔器や麻酔方法など、新たな発見がたくさんあります。

③麻酔科医による集中治療

小児から成人まで、集中治療のスタンダードを経験できます。麻酔科医による管理のため、治療開始から一般病棟にもどるまで、治療、全身管理の全てを経験できます。

④多くの「まなぶ」場

多くの学会発表ができます。定期的に勉強会や講習会もありますが、毎日の仕事の中で多くのことを学びます。ここにはいつも、「まなぶ」場が用意されています。

などなど、紹介できたのはほんの一部です。

これを見ていただいたのも何かの縁だと思います。
あなたもここで、第一歩を歩みはじめてみませんか?
ぜひ実際に見学に来てみてください。お待ちしています!

シニアレジデント 岡野 将典(2015年11月)