放浪!名古屋で麻酔科研修生活!!
西澤 義之
西澤 義之

名市大麻酔科シニアレジデントの西澤義之です。

私は神奈川県の北里大学卒業後、同大学病院で初期研修を行いました。
もともとICU管理に興味があったため、恩師に紹介していただき、名市大麻酔科で後期研修をすることとなりました。 

この2年間の研修は多くの出会いや経験に囲まれ、大変有意義なものでした。
麻酔科研修で迷われている方がこのページを見て、少しでも参考にして頂けたら幸いです。

名市大麻酔科では、

  1. 麻酔管理
  2. ICU管理
  3. ペインクリニック

の3つの柱を中心に研修できます。

1.麻酔管理については10名を超える専門医指導のもと、多種多様な症例を経験することが出来ます。心臓手術症例についても、名市大は小児症例に特化した施設ではありますが、連携病院の研修が週1~2回あるため、成人症例も十分数経験することが出来ます。

2.当直も合わせて週1~2回のICU管理を行います。ICU担当時には、ICU管理業務に専念できるため、多くのことを学ぶことが出来ます。またICU専門医による指導や、抄読会も定期開催しており、ICU治療のスタンダードを学ぶことが出来ます。毎朝のカンファは参加が自由であり、他科の先生を交えたディスカッションをして治療方針の確認を行います。発言も自由であり、治療に積極的に参加することが出来ます。

3.ペインクリニック外来も週1回、午前中に外来担当として業務を行います。専門医の指導を受けながら、神経ブロックの手技から漢方薬まで広く学ぶことが出来ます。

この3つの柱を軸に研修を行い、また有給休暇の年次取得もかなり自由にとれるため、メリハリのきいた快適な研修生活を過ごすことができます。
あなたも名古屋で3年間楽しく麻酔科研修をしませんか?

西澤 義之(2013年12月)