多くの症例に実際に触れながら理解を深めていきたい
髙 ひとみ
髙 ひとみ


こんにちは。シニアレジデントの高です。

私は連携病院のひとつである東部医療センターで初期研修をする中で、麻酔の面白さ、奥深さを感じ、麻酔科医となることに決めました。

全身麻酔の症例数・バリエーションの豊富さと、それに加えて集中治療に携わりながら全身管理も学ぶことができるという点で、名古屋市立大学病院麻酔科での後期研修を選択しました。

名市大麻酔科では、いろいろな基礎疾患のある患者さんの麻酔や全身管理を行っています。どんなときにどういった治療をしたらよいのか、何に気をつけて治療していかなければいけないかを考えながら、日々の診療に当たっています。

私が在籍したころの東部医療センターは、主に2次救急病院で、3次救急の患者さんの治療に関わることがほとんどなかったため、大学病院での研修には大きな不安がありましたが、指導医の先生はとても気さくで質問もしやすく、いろいろなことをその都度教えてくださいます。最新の知見を取り入れながらの指導は非常に勉強になることが多いです。

また、名市大麻酔科の麻酔・集中治療の特徴として、小児の先天性心疾患の症例数が多いことが挙げられます。最初は大人とは何もかもが違う小児の管理に戸惑ってばかりでしたが、多くの症例に実際に触れながら理解を深めていっているところです。

後期研修がはじまってもう1年半が経とうとしています。困るとき、悩むときもありますが、相談したり話を聞いてくれたりする同期にも恵まれ、充実した毎日を過ごしています。

髙 ひとみ(2012年11月)