祖父江教授からのごあいさつ

photo_sobue_msg

名古屋市立大学大学院医学研究科麻酔科学・集中治療医学分野/名古屋市立大学病院麻酔科・集中治療部のホームページにおいでいただきありがとうございます。

初代教授青地修先生(故人)が日本でも比較的早い時期に麻酔科・集中治療部を設立し、現在に至っております。当初より、しっかりとした麻酔を身に付けた上で集中治療・救急・ペインクリニックもできる人材を育成してまいりました。現在もその基本方針は変わらず、教室から多くの麻酔科専門医、集中治療専門医、救急科専門医、ペインクリニック専門医を輩出しており、中部地区を中心に全国でそれぞれが活躍しております。

私どもの教室の特徴は、<責任ある教育>と<多彩な進路>です。

責任ある教育

photo_0071

教室の社会的責務は、常に安全な医療を提供することであり、責任ある教育による、責任感のある医療人の育成は教室の責任です。また、人材育成のために、労働環境、教育環境などの様々な整備を進めています。


多彩な進路

臨床と研究において多様な分野で活躍している人材が豊富です。麻酔、集中治療、救急、ペインクリニック、緩和医療、国際医療援助、地域医療(開業、離島医療)など様々な領域で活動しています。今後も、「多彩な進路」を提供できるように、教育環境の整備を継続していきます。

私たち名古屋市立大学大学院医学研究科麻酔科学・集中治療医学分野/名古屋市立大学病院麻酔科・集中治療部は、これからも社会から信頼される質の高い麻酔科医を育成し、より安全な医療の提供に努めてまいります。

2016年4月1日 教授、麻酔科部長、集中治療部部長 祖父江 和哉