名市大(メイシダイ)麻酔科が目指すところ

全身管理のできる麻酔科医の育成を重要な目的としています。

concept_manabu02

1.臨床

「麻酔」を基本として、「集中治療」、「救急」、「ペインクリニック」の分野でも活躍できる環境を提供していきます。

photo_0080

手術室における麻酔を大切にして、患者さんのために活躍する周術期専門医を目指します。麻酔を基本としたうえで、集中治療、救急、ペインクリニックにおいても広く活躍しています。名古屋市立大学病院麻酔科・ペインクリニック・集中治療部・救急科、また多くの地域中核病院の麻酔科・集中治療部・救命救急センターにおいて、幅広い分野で麻酔科医がその力を発揮しています。

2.研究

photo_0045

楽しんで臨床研究と基礎研究をできる環境を整備していきます。

臨床医として論文を読む力、エビデンスを見出す力は重要です。これからの時代、医師に求められる能力のひとつです。生物統計に精通した人材育成にも力を入れていきます。また、臨床医とは言え分子機能に精通していなくては、病態や薬理作用を理解することはできません。楽しんで研究できる環境をさらに整備していきます。

3.教育

自然に知識や技術が増えていく、そのような学びの場を提供していきます。

専門医の育成をきめ細かくサポート

様々なきめ細やかなプログラムや日々の配慮を行い、自然に学ぶことができる環境を提供しています。スタッフは皆教育熱心です。「麻酔」、「集中治療」「痛みの治療」「救急」などの多様な知識や技術は、将来への不安を解消します。

質の高い医師の育成を目指した質の高い学生教育

photo_0075

医師の育成は大学の使命です。私たちは学生教育にも力を入れています。5年生のクリニカルクラークシップでは、麻酔、集中治療、ペインクリニックを3本柱として、実践的な実習をしています。臨床シミュレーションセンターを活用し、患者さんに接触する前に、知識と技術を習得した後、実際に患者さんから学ぶことで、より理解が深まります。学生からも好評を得ている教育内容です。