周産期麻酔

麻酔科医が周産期麻酔を行う3つのメリット

  1. 帝王切開の麻酔は、まだまだ日本では産科医が行う施設が多いことも多い現状です。しかし、脊麻後低血圧の管理や術後鎮痛など、「注意すべきポイント」がいくつもあります。麻酔科医は、適切なトレーニングを追加することにより「安全かつ、術中も術後も痛くない最新の帝王切開の麻酔」を習得することが可能です。
  2. 今、注目の「硬膜外分娩(無痛分娩)」も出来るようになり、麻酔の幅が広がります。硬膜外分娩には、手術麻酔にはない面白さや感動があります。
  3. 一刻を争う「超緊急帝王切開」にも、あわてず対応できるようになります。

麻酔科研修の一環として周産期麻酔を学ぶ “名市大方式” 4つのメリット

  1. 名市大麻酔科は、手術麻酔・集中治療・ペインに関するエキスパートの集団です。多くの専門家から学んだ幅広い知識を周産期麻酔に応用できます。
  2. 名市大病院は「総合周産期母子医療センター」に指定されており、地域における周産期医療の「最後の砦」です。ハイリスクな妊娠・分娩・産褥の麻酔や集中治療を数多く経験できます。
  3. 名市大病院には、全国の大学病院「初」の「無痛分娩センター」が設置されています。センター長である麻酔科医を中心に、産婦人科医・助産スタッフとの「硬膜外分娩(無痛分娩)チーム」を構築しています。周産期麻酔のプロから最新の周産期麻酔を学ぶことはもちろん、産婦人科医や助産師との「チーム医療」の中から、産科医療・分娩管理についても学ぶことができます。
  4. 名市大麻酔科には、周産期麻酔を学ぶチャンスがたくさんあります。毎週月曜日は麻酔科医を対象とした「周産期麻酔ミニレクチャー」、毎週火曜日は産婦人科・小児科との「周産期カンファレンス」、毎週水曜日には産婦人科・看護部合同の「硬膜外分娩ワーキング」、毎週金曜日には産婦人科との「産科カンファレンス」など、臨床に直結した勉強の機会を提供します。国内外の学会にも積極的に参加・発表しています。論文や教科書を執筆する機会もあります。

勉強会資料の一部は、以下のリンクから御覧いただくことが可能です。
(パスワードは、お問い合わせ下さい)
名市大麻酔科勉強会資料

よくある質問(周産期麻酔編)

Q1.「周産期麻酔」って何ですか?

1. 「周産期麻酔」って何ですか?
「周産期麻酔」とは、お産の麻酔にとどまらず、不妊治療の麻酔・妊娠中の麻酔・帝王切開の麻酔・硬膜外分娩(無痛分娩)・産褥処置の麻酔を含めた「産科麻酔の拡大版」です。あなたも「周産期麻酔のエキスパート」を目指しませんか?

Q2.「硬膜外分娩(無痛分娩)」って、手術の麻酔とドコが違うのですか?

2. 「硬膜外分娩(無痛分娩)」って、手術の麻酔とドコが違うのですか?
硬膜外分娩は、硬膜外麻酔または脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔 (CSEA; Combined Spinal Epidural Anesthesia) で行います。手術麻酔のように「痛みを取る」だけでは適切な硬膜外分娩とはいえません。その理由は、強すぎる麻酔は分娩進行に悪影響を及ぼす可能性があるからです。従って、硬膜外分娩の麻酔は「強すぎてもダメ、弱すぎてもダメ」なのです。また、手術室での麻酔とは異なり、硬膜外麻酔の効果が不十分な場合に全身麻酔を追加したり、鎮静薬・鎮痛薬の静注や吸入を追加したりすることはできません。つまり、「硬膜外カテーテル1本のみで勝負する」という厳しさがあります。また、麻酔科医は、硬膜外分娩を開始するタイミングの決定に関与しますが、それには経験が必要です。遅すぎると分娩に間に合いませんし、早すぎると陣痛が遠のいてしまう可能性があります。更には麻酔科医の「ホーム」である手術室を離れて、「アウェイ」な分娩室で麻酔管理を行う難しさもあります。名市大麻酔科では、このような問題を解決するコツやテクニックを伝授します。
名市大病院の硬膜外分娩については、「無痛分娩センター」のHPに患者様向けの情報があります。
名市大病院 無痛分娩センター

Q3.「硬膜外分娩(無痛分娩)」は、事故報道があって心配です。

3. 「硬膜外分娩(無痛分娩)」は、事故報道があって心配です。
硬膜外分娩は、安全かつ効果的に行う必要があります。事故報道された産科施設は、安全対策の知識と技術が不十分でした。名市大麻酔科では、まず確実な腰部硬膜外穿刺の技術を習得し、その後は分娩室での薬剤の使い方、緊急時の対処方法、産婦人科医や助産師との「チーム医療」を学びます。我々は、「正しい硬膜外分娩を全国に広める教育センター」でもあります。

Q4.麻酔科医の短期研修は受け入れていますか?

4. 麻酔科医の短期研修は受け入れていますか?
麻酔科医の周産期麻酔研修としての理想は1~2年間です。麻酔科専門医相当の経験があれば、それより短期の研修も受け入れ可能です。手術麻酔・集中治療・ペイン等の研修を組み入れたテイラーメイド・プログラムも可能です。御相談下さい。

Q5.産婦人科医の周産期麻酔研修は受け入れていますか?

5. 産婦人科医の周産期麻酔研修は受け入れていますか?
産婦人科専門医向けの「麻酔科標榜医取得コース(2年間)」があります。1年目は中央手術室・集中治療室での麻酔・集中治療のトレーニング、2年目は周産期麻酔を中心としたトレーニングにより、麻酔科標榜医の取得を目指します。産科医療だけでなく麻酔・集中治療にも精通した「スーパー産科医」を目指しませんか?