若しゃちセミナー

『若しゃちセミナー』について

堅苦しくない、気軽に活発に討論できる勉強会です。

photo_0053

名市大麻酔科では「堅苦しくない、気軽に活発に討論できる勉強会のスタイル」をコンセプトとした若手医師向けの勉強会を定期的に開催しています。
若しゃちセミナーでは、気軽に討論できるように、講師の先生にもコンセプトを説明してご理解いただき、失礼のない程度の服装(私服)でみなさん参加しています。


所属施設に関わらず、「若い医師の交流の場」としてご活用ください。

このセミナーは、若い医師の交流の場になる事も期待しています。ぜひ、他大学の若手講師の先生や、他の連携病院の若手医師との交流を深めて、「若手麻酔科ネットワーク」を拡げてください。
セミナーの後、講師の先生の都合がつけば懇親会も行っています。勉強だけでなく、他の地域の医療事情や、さまざまな話題を聞くこともできます。

関心をお持ちの方は、所属施設に関わらずwelcomeです。
皆さんぜひご参加ください。お気軽にお問い合わせまで。

『若しゃちセミナー』のご案内

これからの予定

『若しゃちセミナー』開催履歴

第27回
北海道大学病院先進急性期医療センター 早川峰司先生(2017年7月8日)
 ・日本の敗血症治療の現状とDIC治療
第26回
三重大学医学部附属病院救命救急センター 岩下義明先生(2016年11月26日)
 ・ARDSと肺保護換気~本当は危ない?APRVモード~
第25回
防衛医科大学校麻酔学講座 増井健一先生(2016年7月30日)
 ・予測濃度の世界
 ・ワークショップ:「麻酔計画・麻酔中・症例検討におけるシミュレーションの活かし方を体験する」
第24回
市立四日市病院循環器内科 三原裕嗣先生(2015年9月19日)
 ・「術中経食道心エコー図を活かす」~操作のコツや症例への活かし方~
第23回
日本大学医学部附属板橋病院麻酔科 加藤実先生(2015年1月17日)
 ・「局所解剖にこだわる超音波ガイド下末梢神経ブロックを追い求めて」
-大腿神経ブロック・伏在神経ブロック・傍脊椎神経ブロックに焦点を当てて-
第22回
京都府立医科大学付属病院集中治療部 德平夏子先生(2014年10月25日)
 ・当院PICUにおける呼吸管理
第21回
日本医科大学付属病院循環器内科 岩崎雄樹先生(2014年6月28日)
 ・循環器内科からみた周術期不整脈管理
第20回
医療法人沖縄徳洲会湘南鎌倉総合病院麻酔科 釜田峰都先生(2014年1月18日)
 ・DAM(Difficult Airway Management)セミナー
第19回
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科麻酔・蘇生学講座 江木盛時先生(2013年9月21日)
 ・周術期の血糖管理について
第18回
札幌医科大学医学部麻酔科学講座 平田直之先生(2013年6月29日)
 ・デスフルラン麻酔を考える
第17回
広島大学病院麻酔蘇生学麻酔疼痛治療科 讃岐 美智義先生(2012年11月17日)
麻酔薬シミュレーターでレミフェンタニルを操る
第16回
日本大学医学部麻酔科系麻酔科学分野 鈴木孝浩先生(2012年6月30日)
 ・麻酔を高める―手段―エスラックスとブリディオンの特徴を熟知しよう!
第15回
名古屋市立大学看護学部・大学院看護学研究科健康科学領域病態学(麻酔科)薊隆文先生(2012年5月19日)
 ・シャント・死腔・V/Qミスマッチ・肺胞低換気を理解する
第14回
埼玉医科大学総合医療センター産科麻酔科 田中基先生(2012年2月18日)
 ・産科麻酔:最近の話題
第13回
高知大学教育研究部医療学系臨床医学部門麻酔科学講座 矢田部智昭先生(2011年10月29日)
 ・手術室・ICUにおける血糖管理と栄養
第12回
北海道大学病院先進急性期医療センター 早川峰司先生(2011年5月28日)
 [1]外傷直後の凝固障害 FDPとD-dimerを中心に 
 [2]CHDF施行中のPK/PD
第11回
岡山大学病院麻酔科蘇生科 戸田雄一郎先生(2011年1月29日)
 ・「小児心臓」-小児麻酔・集中治療の異端児-
第10回
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科救急医学講座 小林敦子先生(2010年7月17日)
 ・院内多剤耐性菌との戦い ~抗菌薬適正使用をいかに推進するか?~
第9回
京都府立医科大学麻酔科学教室 中嶋康文先生(2010年3月20日)
 ・「急性期体温管理」-日常臨床における体温の疑問から周術期体温管理の意義を考える-
第8回
岡山大学医学部麻酔科・蘇生科 森松博史先生(2009年11月21日)
 ・多施設研究のススメ~Experience-based Lecture~
第7回
関西大学付属枚方病院麻酔科 西憲一郎先生(2009年8月8日)
 ・呼吸管理と肺保護
第6回
山梨大学 渋谷和広先生(2009年5月30日)
 ・当院における臨床研修医に対するTIVA教育
第5回
君津中央病院 北村伸哉先生(2009年1月31日)
 ・血液浄化について
第4回
福井大学 上田雅史先生、清水久美子先生(2008年12月13日)
 ・フロートラックセンサーが腹腔内化学温熱療法(CHPP)でのdynamicな循環変動に対応可能か?
第3回
埼玉医科大学総合医療センター 鈴木俊成先生(2008年6月28日)
 ・Hes製剤など周術期の輸液管理について
第2回
奈良県立医科大学 高橋正裕先生(2007年12月22日)
 ・Acute Pain Serviceについて
第1回
防衛医科大学 増井健一先生(2007年6月)