業績集(2008年度)

英文原著

Xing G, Qualls C, Huicho L, Rivera-Ch M, Stobdan T, Slessarev M, Prisman E, Ito S, Wu H, Norboo A, Dolma D, Kunzang M, Norboo T, Gamboa JL, Claydon VE, Fisher J, Zenebe G, Gebremedhin A, Hainsworth R, Verma A, Appenzeller O
Adaptation and Mal-Adaptation to Ambient Hypoxia. Andean, Ethiopian and Himalayan Patterns. PLos ONE 3(6):e2342, 2008

Ito S, Mardimae A, Han J, Duffin J, Fedorko L, Minkovich L, Katznelson R, Meineri M, Arenovich T, Wells G, Kessler C, Fisher J
Non-invasive prospective targeting of arterial PCO2 in subjects at rest. J Physiol. 586: 3675-3682, 2008

Morishima T, Aoyama M, Iida Y, Yamamoto N, Hirate H, Arima H, Fujita Y, Sasano H, Tsuda T, Katsuya H, Asai K, Sobue K
Lactic acid increases aquaporin 4 expression on the cell membrane of cultured rat astrocytes. Neurosci Res 61:18-26, 2008

Fujita Y, Takeuchi A, Sugiura T, Hattori T, Sasano N, Mizuochi Y, Sobue K
Before-after study of a restricted fluid infusion strategy for management of donor hepatectomy for living donor liver transplantation. J. Anesth, 23:67-74, 2009

Ota H, Arima H, Fukumoto M, Kato T, Tomita M, Nakano H
Unexpected vomiting during anesthesia induction in a patient with undiagnosed congenital esophageal stenosis. Paediatr Anesth. 18: 687-9, 2008

Iguchi H, Sasano N, So M, Hirate H, Sasano H, Katsuya H
Orotracheal intubation with an AirWay Scope in a patient with Treacher Collins syndrome. J. Anesth 22:186-188, 2008

和文原著

安藤雅樹、竹内昭憲、谷内仁、増田和彦、服部友紀、久保貞祐、祖父江和哉
救急専従医のいない二次救急医療施設での研修医に対する救急標準化教育の現状 ―研修医へのアンケート調査を通して― 別冊 日臨救急医会誌(JJSEM) 11(5):434-439, 2008

加藤利奈、笹野寛、草間宣好、祖父江和哉、山口幸子、水野寛太郎、三島晃、勝屋弘忠
オクレチドが有効であった小児乳び胸の2例 ICUとCCU 32(2): 161-166, 2008

竹内昭憲
総合内科医と救急医の意識の違い ディスカッション ERにおける内科系総合医の役割と救急医との連携 JIM 18(8):694-695, 2008

総説・その他

祖父江和哉、平手博之、飯田裕子、高柳猛彦
脳浮腫の発症機序と水チャネル「アクアポリン」の機能 Anesthesia 21Century 10:1835-1839, 2008

祖父江和哉
集中治療における栄養療法と代謝管理 現代医学 55:435-443, 2008

祖父江和哉、水落雄一朗、笹野寛
消化管機能を重視したNST活動の実際 G.IResearch 16:10-16, 2008

竹内昭憲
救急外来における小児下痢症と経口補水法について 愛知県小児科医会会報 88:46-51, 2008

平手博之、祖父江和哉
薬物の副作用 薬は毒である バンコマイシンによる低血圧 LiSA 15:444-447, 2008

伊藤彰師、勝屋弘忠
人工呼吸器離脱(ウィーニング)の適応基準と手技 呼吸管理Q&A―研修医からの質問331―改訂版:123-130, 2009

高柳猛彦、祖父江和哉
コラム「アクアポリンと脳浮腫治療:ホルモンの病態異常と臨床検査」 臨床検査 52(11):1366, 2008

祖父江和哉
ACLSトレーニングコース受講のすゝめ  Anesthesia 21Century 10 (2-31):1919, 2008

祖父江和哉
痛みと情動、さらに高次脳機能 ペインクリニック 29:1027, 2008

祖父江和哉
基礎から学ぶ麻酔科学ノート 水チャネル・アクアポリン Anet 12(3):16-21, 2008

高柳猛彦、祖父江和哉
アクアポリンと脳浮腫治療 臨床検査 52:1366, 2008

祖父江和哉
麻酔科医の理想郷(巻頭言) 臨床麻酔 32: 691, 2008

和文著書

趙 娟、成松紀子、原田直明、岡嶋研二
「DIC病因と病態整理:新しい診断と治療のABC 57 静脈血栓症・肺塞栓症とDIC」 最新医学社 PP149-156, 2008

祖父江和哉
血液脳関門と脳浮腫 編集 坂部武史 「-For Professional Anesthesiologists- 脳保護・脳蘇生」 克誠堂出版 PP31-40, 2008

祖父江和哉
3.3 病気と水代謝 腫瘍 編集 佐々木成、石橋賢一 「水とからだの事典」 朝倉書店 PP126-130, 2008

祖父江和哉
2.1 人の臓器での水輸送とその異常 脳 編集 佐々木成、石橋賢一 「水とからだの事典」 朝倉書店 PP241-244, 2008

講演

祖父江和哉
<ランチョンセミナー>ICU管理におけるβ遮断薬の役割
第12回日本神経麻酔・集中治療研究会 新潟 2008.4.12

祖父江和哉
脳における水チャネルの機能と創薬ターゲットとしての可能性
第16回福島県麻酔懇話会 郡山 2008.5.17

祖父江和哉
脳の微細環境調節と水チャネル<アクアポリン>の機能
お茶の水大学化学・生物総合管理再教育講座リスク学特論5 東京 2008.5.16

祖父江和哉
中枢神経における水チャネルの機能と新たな展開
第67回新潟麻酔懇話会 新潟 2008.6.7

杉浦健之
カプサイシンの基礎と臨床
第2回慢性疼痛に対する鎮痛補助薬の臨床応用を考える会 名古屋 2009.2.28

祖父江和哉
呼吸療法における栄養管理
第45回チーム医療CE研究会主催 臨床セミナー 名古屋 2008.7.19-20(7.20講演)

祖父江和哉
脳浮腫の病態と発生機序-水を通すチャネル“アクアポーリン”の働き-
第4回名古屋市立大学東部医療センター病診連携講演会 名古屋 2008.7.26

祖父江和哉
アクアポリン4と脳浮腫
第7回MSワークショップ 大阪 2008.8.2-3(8.2講演)

杉浦健之、薊隆文、伊藤彰師、祖父江和哉
交通外傷後の神経因性疼痛2症例に対する脊髄電気刺激
SCS研究会 名古屋 2008.9

祖父江和哉
<ランチョンセミナー>栄養療法と多様な治療法を組み合わせる総合的肺治療戦略―新しい免疫調整濃厚流動食の位置づけ―
第30回日本呼吸療法医学会学術集会 松本 2008.7.4-5(発表7.5)

祖父江和哉
水チャネル・アクアポリンの機能と病態―脳浮腫の発症機序を中心に―
第54回 岡山麻酔・蘇生セミナー 岡山 2008.9.26

祖父江和哉
麻酔と高次脳機能
京都麻酔科医会 京都 2008.11.15

祖父江和哉
脳における水チャネル〈アクアポリン〉の機能
第59回名古屋市立大学医学会総会特別講演Ⅲ 名古屋 2008.12.7

森田正人
Effects of vasopressin are related to its plasma concentration in septic shock patients
東京慈恵会医科大学麻酔科学講座特別講演会 東京 2008.11.14

山内浩揮
呼吸管理に必要な様々な知識
ニューポートセミナー 名古屋 2008.12.1

杉浦健之
痛みの受容体と末梢性痛覚過敏
第38回日本慢性疼痛医学会総会 教育講演4 神戸 2009.2.28

海外学会発表

Sasano H, Azami T, Sasano N, Morita M, Sobue K, Fisher JA
Oxygen administration preventing transmission of respiratory droplet infection with a modified N95 mask.
International Anesthesia Research Society 82nd Clinical and Scientific Congress San Francisco, California 2008.3.28-4.1 (presentation 3.29)

Mark CI, Slessarev M, Ito S, Han J, Fisher JA, Pike GB
computer-controlled hypercapnic vasodilation for accurate and reproducible bold calibration.
The Organization for Human Brain Mapping 14th Annual Meeting Melbourne, Australia 2008.6.15-19

Fujita Y, Kato T, Katsuya H
Investigation of blood lactate level as indicator for severity assessment.
The 6th International Shock Congress Cologne, Germany 2008.6.28-7

Fujita Y, Kako E, Mizuochi Y, Iguchi H, Sobue K
Investigation of blood lactate as an indicator for severity of a child undergone cardiac surgery.
ASA Orland, Florida 2008.10.18-22

Morita M, Sasano H, Azami T, Sasano N, Fujita Y, Ito S, Sugiura T, Sobue K
Novel Skin ?traction Method is Effective for Real-time Ultrasound-guided Internal Jugular Vein Catheterization in Infants and Neonates
Weighing Less than 5kg 2009 IARS Annual Meeting(83rd) San Diego, Calofornia 2009.3.14-17

Sobue K
<Symposium Critical Care for Trauma> Critical Care for Trauma Patients.
Trauma Care 2008 (21st International Trauma Care Symposium) Yokohama, JAPAN 2008.6.11-13 (presentation 6.12)

国内学会発表(日付順)

成松紀子、水落雄一朗、草間宣好、笹野寛、伊藤彰師、高柳猛彦、祖父江和哉、原田直明、岡嶋研二
血中可溶性E-セレクチン濃度測定による重症患者の臓器不全の発症予測および予後判定
第35回日本集中治療医学会学術集会 東京 2008.2.14-16(発表2.16)

森田正人、笹野寛、薊隆文、水落雄一朗、加藤利奈、藤田義人、平手博之、井口広靖、津田喬子、祖父江和哉
体重5kg以下の小児において皮膚テープ拡張法は内頚静脈断面積を拡張する
第35回日本集中治療医学会学術集会 東京 2008.2.14-16(発表2.14)

笹野寛、大黒智恵子、井上明日香、森島徹朗、山内浩輝、飯田裕子、加古英介、成松紀子、祖父江和哉、勝屋弘忠
KCL製剤の剤形変更を契機に定めた当院集中治療部でのカリウム投与手順について
第35回日本集中治療医学会学術集会 東京 2008.2.14-16 (発表2.14)

打田由美子、太田美穂、伊藤明美、祖父江和哉、岡田千代子、水野裕之、竹山廣光
当院における半消化態経腸栄養剤(食品タイプ)の採用検討について~特に標準的タイプについて~
第23回日本静脈経腸栄養学会 京都 2008.2.21-22(発表2.22)

祖父江和哉
脳疾患の病態生理とアクアポリン(一般シンポジウム創薬ターゲットとしての水チャネル)
日本薬学会第128回年会 横浜 2008.3.26-28(発表3.26)

加古英介、杉浦健之、平手博之、藤田義人、薊隆文、伊藤彰師、笹野寛、津田喬子、祖父江和哉
採血後の疼痛が遷延した胸部交感神経切断術既往のある1症例
第19回東海ペインクリニック研究会(日本ペインクリニック学会東海地方会) 名古屋 2008.5.10

杉浦健之、山内浩揮、水落雄一朗、森田正人、笹野信子、大堀久、春原啓一、津田喬子、祖父江和哉
帯状疱疹後神経痛の通院治療中に原因不明の心停止をきたした維持透析中の1症例
第19回東海ペインクリニック研究会(日本ペインクリニック学会東海地方会 名古屋 2008.5.10

祖父江和哉
<シンポジウム1> 麻酔中・後の高次脳機能をどう温存するか 高次脳機能評価法としての神経心理学的検査の有用性と簡便化の試み
日本麻酔科学会第55回学術集会 横浜 2008.6.12-14(発表6.12)

山内浩揮、志田恭子、杉浦健之、安藤雅樹、加古英介、祖父江和哉
<ワークショップ>名古屋市立大学病院における電子麻酔記録システム導入時の対策と現況
日本麻酔学会第55回学術集会 横浜 2008.6.12-14

森田正人、笹野 寛、高橋夏美、杉浦健之、薊隆文、祖父江和哉
エコーガイド下血管穿刺を容易にするセカンドモニターの工夫
日本麻酔科学会第55回学術集会 横浜 2008.6.12-14(発表6.12)

森田正人、伊藤弘晃、伊藤彰師、薊隆文、笹野寛、祖父江和哉
<パネルディスカッション9「救急・集中治療における疼痛管理」>小児集中治療における疼痛管理
―フェンタニル長期投与によるwithdrawal syndrome発症とその対策―
日本麻酔科学会第55回学術集会 横浜 2008.6.12-14(発表6.14)

加藤利奈、薊隆文、服部友紀、伊藤彰師、笹野寛、祖父江和哉
当院における新生児・乳児に対する中心静脈カテーテル留置部位に関する動向と意識調査
日本麻酔科学会第55回学術集会 横浜 2008.6.12-14

太田晴子、有馬一、福本正俊、加藤妙、冨田麻衣子、中野浩
当院における術前絶飲食の現状
日本麻酔科学会第55回学術集会 横浜 2008.6.12-14

井口広靖、薊隆文、加古英介、成松紀子、播磨恵、祖父江和哉
当院における大量出血症例に対する麻酔管理の変遷
日本麻酔科学会第55回学術集会 横浜 2008.6.12-14

伊藤彰師、山内浩揮、薊隆文、笹野寛、祖父江和哉
動脈血―呼気終末二酸化炭素分圧較差への呼吸酸素濃度の影響
第30回日本呼吸療法医学会学術集会  松本 2008.7.4-5(発表7.4)

山内浩揮、笹野寛、薊隆文、伊藤彰師、祖父江和哉
新型インフルエンザなどのパンデミックに備え考案した酸素投与修正N95マスク―一方弁をはずした修正N95マスクの検討―
第30回日本呼吸療法医学会学術集会 松本 2008.7.4-5(発表7.5)

井上明日香、伊藤彰師、加藤利奈、成松紀子、安藤雅樹、水落雄一朗、森田正人、平手博之、薊隆文、祖父江和哉
痙彎コントロールに難渋して長期ICU管理を要した傍腫瘍性脳炎の一例
第16回日本集中治療医学会東海北陸地方会 岐阜 2008.7.5

水落雄一朗、長崎由紀子、深田栄子、薊隆文、伊藤彰師、祖父江和哉
<シンポジウム「連携する集中治療」>ICU栄養管理における他職種連携―退室後の栄養管理も見据えたアプローチ―
第16回日本集中治療医学会東海北陸地方会 岐阜 2008.7.5

薊隆文、伊藤彰師、笹野寛、竹内昭憲、杉浦健之、水落雄一朗、山内浩揮、高柳猛彦、井口広靖、祖父江和哉
VA-Q diagramをもちいた換気量・心拍出量の増減とPETCO2の関係の説明
第16回日本集中治療医学会東海北陸地方会 岐阜 2008.7.5

井口広靖、森田正人、加藤利奈、加古英介、山内浩揮、平手博之、服部友紀、藤田義人、伊藤彰師、祖父江和哉
他院よりヘリコプター搬送された重症小児患者2症例?ICU・ICU間転送による治療戦略?
第16回日本集中治療医学会東海北陸地方会 岐阜 2008.7.5

祖父江和哉、森島徹朗、青山峰芳、高柳猛彦、浅井清文
乳酸アシドーシスは水チャネル<アクアポリン>のアストロサイト細胞膜への集積を促進する
第31回日本神経科学大会 東京 2008.7.9-11(発表7.11)

薊隆文、津田喬子、平手博之、伊藤彰師、大堀久、竹内昭憲、祖父江和哉
労災・自賠責に関与したRSD(CRPS-type1)症例の検討
日本ペインクリニック学会第42回大会 福岡 2008.7.18-20(発表7.19)

杉浦健之、森田正人、平手博之、藤田義人、薊隆文、笹野信子、笹野寛、春原啓一、津田喬子、祖父江和哉
健常皮膚におけるレーザー血流計を用いたカプサイシン誘導性末梢侵害受容神経分泌機能検査
日本ペインクリニック学会第42回大会 福岡 2008.7.18-20(発表7.20)

井口広靖、薊 隆文、島田靖子、太田晴子、安藤雅樹、水落雄一朗、森田正人、平手博之、服部友紀、祖父江和哉
過粘稠度症候群を呈した高ガンマグロブリン血症患者の麻酔経験
日本麻酔科学会東海・北陸支部第6回学術集会 岐阜 2008.9.13

木村卓二、山内浩揮、薊隆文、太田晴子、播磨恵、井口広靖、森田正人、杉浦健之、藤田義人、祖父江和哉
横隔膜ヘルニアを合併した小児の腹腔鏡下精巣固定術の麻酔経験?カフ付チューブが有効であった一例?
日本麻酔科学会東海・北陸支部第6回学術集会 岐阜 2008.9.13

鈴木悦子、平手博之、薊隆文、加藤利奈、播磨恵、高柳猛彦、成松紀子、藤田義人、竹内昭憲、祖父江和哉
3DCTを用いて術前気道評価を行ったGoldenhar症候群の一例
日本麻酔科学会東海・北陸支部第6回学術集会 岐阜 2008.9.13

薊隆文、笹野寛、伊藤彰師、山内浩揮、加古英介、志田恭子、松本麗、森島徹朗、津田喬子、祖父江和哉
肺胞換気量って、いったいなんだろう?
日本麻酔科学会東海・北陸支部第6回学術集会 岐阜 2008.9.13

杉浦健之、平手博之、藤田義人、薊隆文、笹野寛、祖父江和哉
麻酔科医による愛知県産科救急医療支援?最近12年間の検討
第36回日本救急医学会 札幌 2008.10.13-15(発表10.13)

安藤雅樹、竹内昭憲、谷内仁、増田和彦、服部友紀、久保貞祐、祖父江和哉
医学部5年生の救急部臨床実習期間は一週間で十分なのか
第36回日本救急医学会 札幌 2008.10.13-15(発表10.13)

水落雄一朗、笹野寛、平手博之、播磨恵、高柳猛彦、志田恭子、井口広靖、鈴木悦子、祖父江和哉
リニアプローブを利用した胸部硬膜外カテーテル留置法の検討
第28回日本臨床麻酔学会 京都 2008.11.20-22(発表11.20)

島田靖子、加藤利奈、森田正人、成松紀子、安藤雅樹、服部友紀、薊隆文、祖父江和哉
小児先天性心疾患症例に対するカフなし気管チューブの入れ替え率?小児カフ付き気管チューブ導入の全調査としてー
第28回日本臨床麻酔学会 京都 2008.11.20-22(発表11.20)

松本麗、森田正人、水落雄一朗、加藤利奈、山内浩輝、杉浦健之、竹内昭憲、祖父江和哉
カフ付き気管チューブで周術期管理したJatene手術の1症例
第28回日本臨床麻酔学会 京都 2008.11.20-22(発表11.20)

高柳猛彦、殿内秀和、川島昭浩、松浦基、佐々木一、水落雄一郎、笹野寛、祖父江和哉
抗炎症作用をもつ乳清タンパク分解ペプチド(MEIN(R))の四塩化炭素誘発肝炎における抗酸化作用の可能性
第24回日本静脈経腸栄養学会(JASPEN) 鹿児島 2009.1.29?30

薊隆文、伊藤彰師、笹野寛、竹内昭憲、森田正人、水落雄一朗、山内浩揮、鈴木悦子、島田靖子、祖父江和哉
VQ-A diagramを用いた換気量・心拍出量の増減とPetCO2の関係の説明
第36回日本集中治療医学会学術集会 大阪 2009.2.26-28

平手博之、有馬一、高柳猛彦、飯田裕子、伊藤弘晃、加古英介、藤田義人、祖父江和哉
マンニトールによる水チャネルaquaporin4を介した脳水分量調節機構
第36回日本集中治療医学会学術集会 大阪 2009.2.26-28

高柳猛彦、伊藤彰師、藤田義人、杉浦健之、服部友紀、加古英介、加藤利奈、井口広靖、浅井清文、祖父江和哉
Rat CLP(caecal ligation pucture)モデルに対する乳清タンパク分解ペプチド(MEIN(R))の効果
第36回日本集中治療医学会学術集会 大阪 2009.2.26-28

高柳猛彦、笹野寛、杉浦健之、山内浩揮、加古英介、加藤利奈、太田晴子、安藤雅樹、浅井清文、祖父江和哉
乳清たんぱく質分解ペプチド(MHN-02)の四塩化炭素誘発肝炎における抗炎症効果
第36回日本集中治療医学会学術集会 大阪  2009.2.26-28

高柳猛彦、伊藤彰師、藤田義人、平手博之、安藤雅樹、成松紀子、太田晴子、島田靖子、浅井清文、祖父江和哉
敗血症におけるastrocyteでのHIF(hypoxia inducing factor)-1aの役割
第36回日本集中治療医学会学術集会 大阪 2009.2.26-28

太田晴子、平手博之、松本麗、井口広靖、加藤利奈、山内浩揮、水落雄一朗、森田正人、伊藤彰師、祖父江和哉
当院ICUにおける鎮静・鎮痛の現状調査 -鎮静・鎮痛プロトコル作成にむけて-
第36回日本集中治療医学会学術集会 大阪 2009.2.26-28

鈴木悦子、笹野寛、森田正人、井口広靖、加藤利奈、水落雄一朗、杉浦健之、伊藤彰師、祖父江和哉
皮膚テープ牽引静脈拡張法は内頚静脈を潰れにくくする
第36回日本集中治療医学会学術集会 大阪 2009.2-26

学会座長

座長:祖父江和哉
小山薫先生:症例に応じた最適な血行動態モニターの選択-Right monitoring for right patient-(ランチョンセミナー4)
第35回日本集中治療医学会学術集会 東京 2008.2.14-16(2.14)

座長:祖父江和哉
優秀演題 生理学など
日本麻酔科学会第55回学術集会 横浜 2008.6.12-14(6.14)

座長:Akinori Takeuchi
<Symposium Critical Care for Trauma> Trauma Care 2008
21st International Trauma Care Symposium Yokohama 2008.6.11-13 (6.12)

座長:祖父江和哉
飯野靖彦先生:知っておきたい輸液の基本-リスクを回避するために-(ランチョンセミナー)
第10回日本医療マネジメント学会学術集会 名古屋 2008.6.20

座長:杉浦健之
一般演題 癌性疼痛(緩和ケア③)
日本ペインクリニック学会第42回学術集会 福岡 2008.7.18-20

座長:祖父江和哉
橋本 篤先生:明日から役立つレミフェンタニル麻酔(共催セミナー3)
日本麻酔科学会東海・北陸支部第6回学術集会 岐阜 2008.9.13

座長:祖父江和哉
小倉真治先生:新しい救急医療の枠組みGEMSIS(ランチョンセミナー)
第10回日本救急看護会学術集会  名古屋 2008.11.7-11.8(11.8)

座長:祖父江和哉
一般演題 肝疾患
第28回日本臨床麻酔学会 京都 2008.11.20-22(11.20)

研究費

平成20年度 科学研究費補助金 基盤研究B
水チャネル<アクアポリン>を標的とした新しい脳浮腫治療法の開発
研究代表者 祖父江和哉 260万

平成20年度 科学研究費補助金 基盤研究C
RNAiを用いた軽度低温の脳浮腫抑制効果に果たす水チャンネルの機能解析
研究代表者 藤田義人 70万円

平成20年度 科学研究費補助金 基盤研究C
ニューロカインによる末梢侵害受容機構の修飾
研究代表者 杉浦健之 195万円

平成19-21年度 科学研究費補助金 若手研究B
新しい脳水分測定法の開発と基礎的応用-水チャネルに着目した新脳浮腫治療法の開発-
代表研究者 平手博之 110万円

平成20年度 科学研究費補助金 若手研究B
細胞障害に対する水チャネル<アクアポリン>の保護作用と新しい脳浮腫治療への応用
代表研究者 安藤雅樹 80万円

平成20年度 科学研究費補助金 若手研究B
水チャネル<アクアポリン>を標的とした新しい脳浮腫治療薬の開発
代表研究者 山内浩揮 130万円

平成20年度 科学研究費補助金 若手研究B
アシデミアが蘇生後脳症における脳浮腫に与える影響-水チャネルの機能に注目して-
代表研究者 森島徹朗 130万円

社会貢献

祖父江和哉
愛知県心肺蘇生法実技講習会講演(2008.6.3/2008.6.24)

祖父江和哉
日本緩和医療学会緩和医療ガイドライン作成委員会/輸液ガイドライン改定作業部会 委員