業績集(2007年度)

目次

英文原著

Hirate H, Sobue K, Tsuda T, Katsuya H
Peripheral nerve injury caused by misuse of elastic stockings.
Anaesth Intensive Care. 2007; 35(2): 306-7.

Sugiura T, Bielefeldt K, Gebhart GF
Mouse colon sensory neurons detect extracellular acidosis via TRPV1.
Am J Physiol Cell Physiol. 2007; 292(5): 1768-74.

Fujita Y, Xu A, Xie L, Arunachalam L, Chou TC, Jiang T, Chiew SK, Kourtesis J, Wang L, Gaisano HY, Sugita S.
Ca2+-dependent activator protein for secretion 1 is critical for constitutive and regulated exocytosis but not for loading of transmitters into dense core vesicles.
J Biol. Chem. 2007; 282(29): 21392-403.

Li G, Han L, Chou TC, Fujita Y, Arunachalam L, Xu A, Wong A, Chiew SK, Wan Q, Wang L, Sugita S
RalA and RalB function as the critical GTP sensors for GTP-dependent exocytosis.
J Neurosci. 2007; 27(1): 190-202.

Sasano N, Fujita Y, So M, Sobue K, Sasano H, Katsuya H
Anesthetic management of a patient with mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, and stroke-like episodes (MELAS) during laparotomy.
J Anesth. 2007; 21(1): 72-5.

Ishida S, Takeuchi A, Azami T, Sobue K, Sasano H, Katsuya H, Fisher JA
Cardiac output increases the rate of carbon monoxide elimination in hyperpneic but not normally ventilated dogs.
J Anesth. 2007; 21(2): 181-6.

So M, Ito H, Sobue K, Tsuda T, Katsuya H
Circulatory collapse caused by unnoticed hypermagnesemin in a hospitalized patient.
J Anesth. 2007; 21(2): 273-6.

Morita M, Sasano H, Azami T, Sasano N, Katsuya H.
The skin-traction method increases the cross-sectional area of the internal jugular vein by increasing its anteroposterior diameter.
J Anesth. 2007; 21(4): 467-71.

和文原著

伊藤弘晃、祖父江和哉、平手博之、薊隆文、伊藤彰師、笹野寛、竹内昭憲、勝屋弘忠
敗血症性ショック下に発生した難治性心室頻拍に対して37日間の塩酸ニフェカラント投与が奏効した1例
日本集中治療医学会雑誌 2007; 14(3): 345-6

吉本鉄介、津田喬子、春原啓一、雄山博文、伊藤弘晃、田村哲也、野崎裕広、勝屋弘忠
三叉神経末梢枝への反復ブロックが聴神経腫瘍切除後の遷延性神経麻痺を改善した1例
日本ペインクリニック学会誌 2007; 14(2): 144-9

笹野寛、伊藤彰師、笹野信子、早野順一郎、薊隆文、伊藤弘晃、森田正人、祖父江和哉、竹内昭憲、津田喬子、Fisher JA、勝屋弘忠
呼吸性洞性不整脈に及ぼす低酸素血症の影響
人工呼吸 2007; 24(2): 134-9

加藤利奈、笹野寛、草間宣好、祖父江和哉、山口幸子、水野寛太郎、三島晃、勝屋弘忠
オクトレオチドが有効であった小児乳び胸の2例
ICUとCCU 2008; 32(2): 161-6

笹野寛、薊隆文、笹野信子、石田進、竹内昭憲、伊藤彰師、祖父江和哉
順次ガス供給システムと感染対策用酸素マスクの開発
Nagoya Medical Journal 2007; 49(1): 71-5

総説・その他

笹野寛
【高齢者集中治療の最近の動向】高齢者の呼吸管理:最近の傾向 
ICUとCCU 2007; 31(10): 731-8.

杉浦健之、津田喬子
【星状神経節ブロックを見直す】 臨床研究からの有用性 有用な疾患に対する「過去」と「最近」の知見
LiSA 2007; 14(12): 1162-7

杉浦健之、祖父江和哉、薊隆文、津田喬子
カプサイシン 基礎と臨床展望
ペインクリニック 2007; 28(8): 1121-9

草間宣好、笹野寛、勝屋弘忠
術前術後管理 ベッドサイドで必要な外科基本手技と管理指針 気道確保と人工呼吸器装着・管理
外科治療 2007; 96(4): 853-61

安藤雅樹、竹内昭憲、勝屋弘忠
【救急医のための麻酔知識】 各論:通常の麻酔とどこが違うか、何に注意しなければならないか
外傷の麻酔 多発外傷
救急医学 2007; 31(1)101-5

薊隆文
呼気終末二酸化炭素分圧を一定に保つ順次ガス供給システム(SGDS)の紹介
日本集中治療医学会雑誌2007; 14(Suppl.): 241

和文著書

津田喬子、杉浦健之
問診から何を得るか
編集 宮崎東洋 「ペインクリニシャンのための痛み診療のコツと落とし穴」
中山書店 p4-6, 2007

津田喬子、杉浦健之
坐骨神経コンパートメントブロック
編集 宮崎東洋 「ペインクリニシャンのための痛み診療のコツと落とし穴」
中山書店 p137-139, 2007

講演

笹野寛
イオン化マグネシウム測定における臨床の経験とその意義
愛知県臨床衛生検査技師会臨床化学検査研究班会合 名古屋 2007.12.1 

海外学会発表

Morita M, Sasano H, Takeuchi A, Azami T, Shida K, Sasano N, Katsuya H
Epidural anesthesia for elective Cesarean section in a patient with multiple pulmonary arteriovenous fistulas.
Society for Obstetric Anesthesia and Perinatology 39th Annual Meeting, Alberta, Canada 2007.5.16-19

Fujita Y, Sobue K, Asai K
Effect of mild hypothermia on the expression of aquaporin family in cultured rat astrocyte under hypoxic condition.
5th international conference of Aquaporin, Nara, Japan 2007.6.15

Sugiura T, Yamauchi H, Morita M, Hirate H, Sobue K, Sasano N, Azami T, Tsuda T, Katsuya H
Ultrasound examination and localization of the sacral hiatus.
4th World Congress World Institute of Pain, Budapest, Hungary 2007.9.25-28

Fujita Y, et al.
Minimal concentration of sevoflurane for adequate sedation with combined general-epidural anesthesia.
Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists (ASA), San Francisco, USA 2007.10.14

Sasano H, Azami T, Sasano N, Morita M, Sobue K, Fisher JA
Oxygen administration preventing transmission of respiratory droplet infection with a modified N95 mask.
82nd Clinical and Scientific Congress of the International Anesthesia Research Society, San Francisco, USA 2008.3.28-4.1

Sasano N, Sasano H
Distance from the incisor to the larynx measured by using the airway scope.
82nd Clinical and Scientific Congress of the International Anesthesia Research Society, San Francisco, USA 2008.3.28-4.1

国内学会発表

笹野寛、杉浦健之、勝屋弘忠
エコーガイド下静脈穿刺時の静脈留置針の見え方 ―針の本体が観察できないピットホールについて―
第18回日本臨床モニター学会 名古屋 2007.4.13

杉浦健之
基礎実験における痛みのモニター手法
第18回日本臨床モニター学会 名古屋 2007.4.13

祖父江和哉、森島徹朗、平手博之、藤田義人、飯田裕子、津田喬子、勝屋弘忠
アストアシドーシスは脳浮腫の増悪因子か?-アストロサイトにおける乳酸アシドーシスによる水チャネル<アクアポリン>の発現誘導-
第11回日本神経麻酔・集中治療研究会 秋田 2007.4.20-21

山内浩揮、杉浦健之、森田正人、平手博之、薊隆文、津田喬子
皮膚局所麻酔時の針刺激でV2領域にフラッシュをきたした三叉神経痛の1症例
第18回東海ペインクリニック研究会 名古屋 2007.5.12

久保貞祐、南仁哲、安藤雅樹、谷内仁、増田和彦、竹内昭憲
性的暴行が疑われたが脳卒中と診断された女性の2例
第10回日本臨床救急医学会総会・学術集会 神戸 2007.5.17-18

田久浩志、中川隆、野口宏、後藤玲司、花木芳洋、竹内昭憲、小澤和弘、田渕昭彦、北川喜己、荒木恒敏
ロジスティック回帰モデルによる心停止接触時間からのVFVT存在率の検証
第10回日本臨床救急医学会総会・学術集会 神戸 2007.5.17-18

北川喜己、荒木恒敏、中川隆、花木芳洋、竹内昭憲、田渕昭彦、田久浩志、小澤和弘、後藤玲司、野口宏
救急医療の標準化の普及に向けてMCの果たすべき役割
第10回日本臨床救急医学会総会・学術集会 神戸 2007.5.17-18

田久浩志、中川隆、野口宏、後藤玲司、花木芳洋、竹内昭憲、小澤和弘、田渕昭彦、北川喜己、荒木恒敏
心肺停止時刻の分布よりみたウツタイン様式データの検証
第10回日本臨床救急医学会総会・学術集会 神戸 2007.5.17-18

永田千恵、田上由紀子、中村奈生子、水野千枝子、竹内昭憲
新規採用者に対するビデオを用いた成人BLS、AED講習の学習効果
第10回日本臨床救急医学会総会・学術集会 神戸 2007.5.17-18

荻野朋子、竹内昭憲
授業としてのICLSコースを受講した看護学部生への継続教育法についての検討
第10回日本臨床救急医学会総会・学術集会 神戸 2007.5.17-18

風間忠広、野口宏、荒木恒敏、中川隆、花木芳洋、北川喜己、竹内昭憲、田渕昭彦、田久浩志、小澤和弘
包括的指示除細動プロトコール再教育の現状と問題点 消防本部における取り組み
第10回日本臨床救急医学会総会・学術集会 神戸 2007.5.17-18

林洋一、野口宏、荒木恒敏、中川隆、花木芳洋、北川喜己、竹内昭憲、田渕昭彦、田久浩志、後藤玲司
包括指示除細動のための心肺蘇生法プロトコール再教育の現状:
第10回日本臨床救急医学会総会・学術集会 神戸 2007.5.17-18

田渕昭彦、田久浩志、竹内昭憲、小澤和弘、花木芳洋、北川喜己、後藤玲司、中川隆、荒木恒敏、野口宏
日本版救急蘇生ガイドラインと救急救命士プロトコール改訂 ガイドライン2005に基づいたプロトコールでの薬剤投与症例の統計学的検証
第10回日本臨床救急医学会総会・学術集会 神戸 2007.5.17-18

花木芳洋、荒木恒敏、小澤和弘、北川喜巳、後藤玲司、竹内昭憲、田渕昭彦、田久浩志、中川隆、野口宏
日本版救急蘇生ガイドラインと救急救命士プロトコール改訂 2005ガイドラインに基づくプロトコールの導入
第10回日本臨床救急医学会総会・学術集会 神戸 2007.5.17-18

後藤玲司、野口宏、荒木恒敏、田久浩志、中川隆、花木芳洋、北川喜己、小澤和弘、竹内昭憲、田渕昭彦
メディカルコントロール協議会の現状と展望 メディカルコントロール体制の構築と都道府県行政の役割
第10回日本臨床救急医学会総会・学術集会 神戸 2007.5.17-18

竹内昭憲、中川隆、田渕昭彦、小澤和弘、花木芳洋、北川喜己、荒木恒敏、田久浩志、後藤玲司、野口宏
救急医療教育と研修のあり方 愛知県の救急救命士教育と研修のありかた
第10回日本臨床救急医学会総会・学術集会 神戸 2007.5.17-18

荻野朋子、中島千里、中川隆、竹内昭憲、小澤和弘、水野公正、金子洋、早川好美、夏目美樹、加藤喜久
看護学部生に対する心肺蘇生法演習の効果ACLS基礎コースを取り入れて
第10回日本臨床救急医学会総会・学術集会 神戸 2007.5.17-18

祖父江和哉
膜輸送分子から見た臨床へのアプローチ脳浮腫とaquaporin
第50回日本腎臓学会 浜松 2007.5.25-27

藤田義人、他
医学部6年生が麻酔科実習に期待するもの? 選択性病院実習における麻酔科実習アンケート調査
日本麻酔科学会第54回学術集会 札幌 2007.5.31-6.2

平手博之、祖父江和哉、伊藤弘晃、有馬一、浅井清文、勝屋弘忠 
マンニトールによる水チャネルaquaporin4を介した脳浮腫改善効果の発現機序-第2報 
日本麻酔科学会第54回学術集会 札幌 2007.5.31-6.2

杉浦健之、田村哲也、山内浩揮、加藤利奈、加藤妙、勝屋弘忠
小児チアノーゼ疾患の心臓外科手術における脳組織酸素化指標の測定
日本麻酔科学会第54回学術集会 札幌 2007.5.31-6.2

森田正人、竹内昭憲、笹野 寛、薊 隆文、志田恭子、勝屋弘忠
造影剤アレルギーのため塞栓術が施行できなかった多発性肺動静脈瘻合併妊婦に対し硬膜外麻酔単独で帝王切開術を行った一症例
日本麻酔科学会第54回学術集会 札幌 2007.5.31-6.2

増田和彦、竹内昭憲、谷内仁、安藤雅樹、久保貞祐
診断まで時間を要した上腸間膜動脈解離の1症例
第5回日本救急医学会中部地方会 金沢 2007.6.3

成松紀子、水落雄一朗、草間宣好、笹野寛、原田直明、岡嶋研二、勝屋弘忠
重症患者の臓器不全の発症予測および予後判定における血中可溶性Eセレクチン濃度測定の有用性の検討
第3回生体防御研究会 名古屋 2007.6.7

山内浩揮、祖父江和哉、杉浦健之、安藤雅樹、加藤利奈、成松紀子、笹野寛、勝屋弘忠
当院ICUにおけるランジオロールの使用経験
第15回日本集中治療医学会東海北陸地方会 名古屋 2007.6.16

笹野寛、草間宣好、加藤利奈、祖父江和哉、津田喬子、勝屋 弘忠
KCL製剤の剤形変更を契機に定めた当院集中治療部でのカリウム投与順序について
第15回日本集中治療医学会東海北陸地方会 名古屋 2007.6.16

井上明日香、祖父江和哉、森田正人、森島徹朗、松本卓也、澤田麻衣子、津田喬子、勝屋弘忠
重症患者における糖質調整流動食(インスロー)の血糖調整節性改善についての検討
第15回日本集中治療医学会東海北陸地方会 名古屋 2007.6.16

笹野信子、田村哲也、井口広靖、水落雄一朗、藤田義人、薊隆文、笹野寛、勝屋弘忠
胃切除術後に著しい低ナトリウム血症をきたしたMitochondrial myopathy, Encephalopathy, Lactic Acidosis, and Stroke-like episodes(MELAS)の1症例
第15回日本集中治療医学会東海北陸地方会 名古屋 2007.6.16

加藤利奈、徐民恵、平手博之、草間宣好、山内浩揮、笹野寛、竹内昭憲、勝屋弘忠
子宮収縮薬によると思われる冠攣縮により心室細胞を生じた1症例
第15回日本集中治療医学会東海北陸地方会 名古屋 2007.6.16

杉浦健之、山内浩揮、森田正人、平手博之、祖父江和哉、笹野信子、薊隆文、津田喬子、勝屋 弘忠
超音波体表エコー装置を用いた仙骨裂孔の観察
第41回日本ペインクリニック学会 東京 2007.7.5-7

津田喬子、杉浦健之、祖父江和哉、薊隆文
安全確実なSGB療法を目指して 適正な星状神経節ブロックの評価 施行方法および効果判定の確立と標準化
第41回日本ペインクリニック学会 東京 2007.7.5-7

吉本鉄介、津田喬子、春原啓一、雄山博文、伊藤弘晃、田村哲也、野崎裕広、勝屋弘忠
三叉神経末梢枝への反復ブロックが聴神経腫瘍切除後の遷延性神経麻痺を改善した1例
第41回日本ペインクリニック学会 東京 2007.7.5-7

加藤利奈、平手博之、井上明日香、井口広靖、加古英介、山内浩揮、祖父江和哉
レミフェンタニルの使用経験ー筋弛緩薬を使用せず挿管を行う症例での検討ー
第5回日本麻酔科学会東海・北陸地方会 金沢 2007.9.1

安藤雅樹、竹内昭憲、谷内仁、増田和彦、久保貞祐、祖父江和哉、藤田義人、笹野寛、津田喬子
救急専従医のいない二次救急医療施設での研修医に対する心肺蘇生法および外傷初療標準化教育の現状 研修医へのアンケート調査を通して
第36回日本救急医学会 札幌 2007.10.13-15

谷内仁、竹内昭憲、増田和彦、安藤雅樹、久保貞祐、南仁哲
当院における自殺企図による服薬中毒症例の検討 消化管除染を中心として
第36回日本救急医学会 札幌 2007.10.13-15

竹内昭憲、花木芳洋、中川隆、田渕昭彦、北川喜己、荒木恒敏、野口宏、愛知県救急業務高度化推進協議会
救急救命士による薬剤投与症例の検証
第36回日本救急医学会 札幌 2007.10.13-15

田渕昭彦、荒木恒敏、竹内昭憲、北川喜己、花木芳洋、中川隆、野口宏、愛知県救急業務高度化推進協議会
一般市民によるバイスタンダーCPR(BCPR)は本当に社会復帰率の向上に寄与しているか
第36回日本救急医学会 札幌 2007.10.13-15

加藤利奈、祖父江和哉、薊隆文、藤田義人、平手博之、水落雄一朗、津田喬子
当院ペインクリニックにおける全ベッドへの患者モニタリングシステム導入
第27回日本臨床麻酔学会 東京 2007.10.25-27

志田恭子、祖父江和哉、山内浩揮、徐民恵、笹野寛、竹内昭憲、津田喬子
当院における麻酔記録電子化の問題点とその対策
第27回日本臨床麻酔学会 東京 2007.10.25-27

加古英介、祖父江和哉、杉浦健之、森田正人、森島徹朗、中野淳子、津田喬子
仙骨硬膜外ブロックが有効であったIsaacs症候群の一例
第27回日本臨床麻酔学会 東京 2007.10.25-27

井口広靖、笹野信子、平手博之、徐民恵、高柳猛彦、祖父江和哉、津田喬子
Airway Scopeを用いて挿管困難に対応できたTreacher Collins syndromeの一例
第27回日本臨床麻酔学会 東京 2007.10.25-27

山内浩揮、杉浦健之、薊隆文、草間宣好、播磨恵、笹野寛、竹内昭憲
日組織酸素化指標を用いた気腹時の下肢虚血モニタリング:
第27回日本臨床麻酔学会 東京 2007.10.25-27

井上明日香、平手博之、藤田義人、安藤雅樹、成松紀子、飯田裕子、笹野 寛、勝屋弘忠
大動脈解離を契機に発症したと考えられたたこつぼ型心筋症の一激症例
第27回日本臨床麻酔学会 東京 2007.10.25-27

津田喬子、野見山延、古家仁、北村征治、西山謹吾、横田裕行
(社)日本麻酔科学会制定「無呼吸テスト実施指針」について
第27回日本臨床麻酔学会 東京 2007.10.25-27

成松紀子、水落雄一朗、草間宣好、笹野 寛、原田直明、岡嶋研二
重症患者の臓器不全の発症予測および予後判定における血中可溶性Eセレクチン濃度測定の有用性の検討
第54回日本臨床検査医学会学術集会 大阪 2007.11.23

加藤利奈、薊隆文、笹野寛、森田正人、祖父江和哉、津田喬子
エコーガイド下に中心静脈カテーテル穿刺を行ったが気胸を生じた小児の1症例
第13回日本小児麻酔学会 沖縄 2007.11.23-24

志田恭子、森田正人、加藤利奈、水落雄一朗、平手博之、祖父江和哉、津田喬子
気管挿管時に上顎歯槽骨骨折を生じたMenkes症候群患児の一例
第13回日本小児麻酔学会 沖縄 2007.11.23-24

山内浩揮、加藤利奈、水落雄一朗、伊藤彰師、祖父江和哉
当院ICUにおける塩酸ランジオロールの使用経験
第10回周術期研究会  2008.2.1

笹野寛、小黒智恵子、井上明日香、森島徹朗、山内浩揮、飯田裕子、加古英介、成松紀子、祖父江和哉、勝屋弘忠
KCL製剤の剤形変更を契機に定めた当院集中治療部でのカリウム投与手順について
第35回日本集中治療医学会 東京 2008.2.14-16

森田正人、笹野寛、薊隆文、水落雄一朗、加藤利奈、藤田義人、平手博之、井口広靖、津田喬子、祖父江和哉
体重5kg以下の小児において皮膚テープ静脈拡張法は内頸静脈断面積を拡張する
第35回日本集中治療医学会 東京 2008.2.14-16

成松紀子、水落雄一朗、草間宣好、笹野寛、伊藤彰師、高柳猛彦、祖父江和哉、原田直明、岡嶋研二
血中可溶性E-セレクチン濃度測定による重症患者の臓器不全の発症予測および予後判定
第35回日本集中治療医学会 東京 2008.2.14-16

田村哲也、徐民恵、笹野寛、井口広靖、杉浦健之、祖父江和哉、播磨恵、矢内るみな、竹内昭憲、勝屋弘忠
ヘルペスウイルスによる劇症肝炎が疑われた一例
第35回日本集中治療医学会 東京 2008.2.14-16

薊隆文、笹野寛、笹野信子、祖父江和哉、藤田義人、草間宣好、加藤妙、井上明日香、勝屋弘忠
呼気終末二酸化炭素分圧を一定に保つ順次ガス供給システム(SGDS)の紹介
第35回日本集中治療医学会 東京 2008.2.14-16

草間宣好、伊藤弘晃、祖父江和哉、藤田義人、杉浦健之、徐民恵、田村哲也、松本卓也、津田喬子、勝屋弘忠
先天性心疾患術後のショックにより心室心筋に広範な石灰化を生じた一症例
第35回日本集中治療医学会 東京 2008.2.14-16

伊藤弘晃、祖父江和哉、加藤妙、加藤利奈、徐民恵、森田正人、平手博之、杉浦健之、笹野寛、勝屋弘忠
カルペリチドの小児心臓手術の周術期での使用経験
第35回日本集中治療医学会 東京 2008.2.14-16

澤田麻衣子、笹野寛、森田正人、飯田裕子、薊隆文、安藤雅樹、山内浩揮、水落雄一朗、加納 龍彦、勝屋弘忠
挿管が極めて困難であった側彎合併先天性筋ジストロフィー患者の呼吸管理
第35回日本集中治療医学会 東京 2008.2.14-16

笹野寛、薊隆文、笹野信子、杉浦健之、伊藤弘晃、平手博之、森田正人、草間宣好、津田喬子、勝屋弘忠
新しいガス供給システムである順次ガス供給システムの開発
第35回日本集中治療医学会 東京 2008.2.14-16

加藤利奈、笹野寛、藤田義人、平手博之、森田正人、森島徹朗、成松紀子、山内浩揮、竹内昭憲、勝屋弘忠
乳び胸に対するオクトレオチドの使用経験
第35回日本集中治療医学会 東京 2008.2.14-16

趙娟、原田直明、岡嶋研二、勝屋 弘忠
Insulin-like growth factor-I reduces stress-induced gastric lesion in mice by attenuating apoptosis
第35回日本集中治療医学会 東京 2008.2.14-16

勝屋 弘忠
集中治療領域における終末期医療のあり方 現場の医師は情報発信を!
第35回日本集中治療医学会 東京 2008.2.14-16

打田由美子、太田美穂、伊藤明美、祖父江和哉、岡田千代子、水野裕之、竹山廣光
当院における半消化態経腸栄養剤(食品タイプ)の採用検討について?特に標準的タイプについて?
第23回日本静脈経腸栄養学会 京都 2008.2.21-22(発表2.22)

祖父江和哉
脳疾患の病態生理とアクアポリン(一般シンポジウム創薬ターゲットとしての水チャネル)
日本薬学会第128回年会 横浜 2008.3.26-28(発表3.26)

研究費

平成19年度 科学研究費補助金 基盤研究C
RNAiを用いた軽度低温の脳浮腫抑制効果に果たす水チャンネルの機能解析
研究代表者 藤田義人 150万円

平成19年度 科学研究費補助金 基盤研究C
ニューロカインによる末梢侵害受容機構の調節
研究代表者 杉浦健之 400万円

平成19年度科学研究費補助金 若手研究B
水チャネル・アクアポリンを標的とした新規脳浮腫治療薬の開発
研究代表者 山内浩揮 130万円