業績集 2006年度

目次

英文原著

Ito S, Sasano H, Sasano N, Hayano J, Fisher J, Katsuya H
Vagal nerve activity contributes to improve the efficiency of pulmonary gas exchange in hypoxic humans.
Exp Physiol. 2006; 91(5): 935-41.

Mardimae A, Slessarev M, Han J, Sasano H, Sasano N, Azami T, Fedorko L, Savage T, Fowler R, Fisher JA
Modified N95 mask delivers high inspired oxygen concentrations while effectively filtering aerosolized microparticles.
Ann Emerg Med. 2006; 48(4): 391-9.

Ito H, Sobue K, Hirate H, Sugiura T, So M, Azami T, Sasano H, Katsuya H
Use of ketamine to facilitate opioid withdrawal in a child.
Anesthesiology. 2006; 104(5): 1113

Ito H, Yamamoto N, Hirate H, Morishima T, Umenishi F, Tada T, Asai K, Katsuya H, Sobue K
Interleukin-1β induces the expression of aquaporin-4 through a NF-κB pathway in rat astrocytes.
J Neurochem. 2006; 99(1): 107-18.

Ito H, Sobue K, So M, Hirate H, Sasano H, Katsuya H
Successful intubation of a reconstructed trachea using the Parker Flex-Tip tube.
Acta Anaesthesiol Scand. 2006; 50(7): 901

Ito H, Sobue K, So M, Hirate H, Sugiura T, Azami T, Fujita Y, Sasano H, Katsuya H:
Intra-operative monitoring of vagal nerve activity with wire electrodes.
Acta Anaesthesiol Scand. 2006; 50(10):1304-5.

Ito H, Sobue K, So M, Hirate H, Azami T, Sasano H, Katsuya H
Bilateral independent high-frequency jet ventilation for intra-operative airway management of repair of congenital tracheal stenosis.
Anaesth Intensive Care. 2006; 34(5):683-4.

Ito H, Sobue K, So M, Sugiura T, Sasano H, Takeuchi A, Katsuya H
Post-extubation airway management with nasal continuous positive airway pressure in a child with Down syndrome.
J Anesth. 2006; 20(2): 106-8.

Fujita Y, Sobue K, Hattori T, Takeuchi A, Tsuda T, Katsuya H
Inadvertent intrathecal cannulation in an infant, demonstrated by three-dimensional computed tomography: a rare complication of internal jugular vein catheterization.
J Anesth. 2006; 20(2): 122-5.

Ito H, Sobue K, So M, Hirate H, Sugiura T, Azami T, Sasano H, Katsuya H
Use of landiolol in the perioperative management of supraventricular tachycardia.
J Anesth. 2006; 20(3): 253-4.

So M, Sobue K, Arima H, Morishima T, Fukumoto M, Nakano H, Tsuda T, Katsuya H
Flexible and tapered tip facilitates conventional orotracheal intubation by novice intubators.
J Anesth 2006; 20(4):344-7.

和文原著

森田正人、杉浦健之、津田喬子、祖父江和哉、原眞咲、間瀬光人、勝屋弘忠
眼窩上神経ブロックおよびステロイド投与が疼痛軽減に著効した頸動脈海綿静脈洞瘻の1症例
日本ペインクリニック学会誌 2006; 13(4): 434-8.

笹野寛、田中さゆき、伊藤弘晃、勝屋弘忠
ICUにおける予防的抗菌薬の一定期間単剤統一の試み MRSA感染症予防とサイクリング療法導入の立場から
ICUとCCU 2006; 30(1): 47-52.

竹内昭憲、野口宏
米国4都市でのパラメディックの気管挿管教育
日本臨床救急医学会雑誌 2006; 9(3): 260-9.

祖父江和哉、浅井清文、勝屋弘忠
脳浮腫の発生機序と水チャネル・アクアポリン
日本臨床 2006; 64(6): 1181-9.

総説・その他

勝屋弘忠
【救急・集中治療ガイドライン 最新の診療指針】
精神障害・法医学・倫理の診断・治療・ケア・集中治療室における終末医療
救急集中治療 2006; 18(5-6):805-7.

津田喬子
慢性疼痛患者に対する治療戦略
明日の臨床2006; 18(2): 29-36.

笹野寛、勝屋弘忠
【Q&Aで学ぶ実践!NPPV急性期から、在宅ケアまで】
急性期のNPPV急性呼吸不全.
救急集中治療2006; 18(9-10):1307-13.

竹内昭憲
【症状と疾患でわかる救急患者のケア プレホスピタルからERまで】
症状別プレホスピタルから確定診断まで呼吸困難
EMERGENCY CARE 2006; 夏季増刊: 47-52.

伊藤彰師
特集 人工呼吸療法:人工呼吸器離脱の適応と方法 
呼吸器科2006; 9(6): 479-85.

藤田義人
硬膜外麻酔併用全身麻酔時に必要な最小限セボフルラン濃度の検討
神経麻酔・集中治療プロシーディング 2006

薊隆文
【外科救急処置アトラス】基本技術気管挿管法
外科治療 2006

講演

笹野寛
肺酸素化能の向上を目指して
ニューポートセミナー 名古屋 2006.4.28

笹野寛
肺の酸素化能の向上を目指して 呼吸不全の治療から進化まで
ニューポートセミナー 名古屋 2006.11.29

海外学会発表

Sugiura T, Tsuda T, Morita M, Yoshimoto T, Katsuya H
Facial pain relief by peripheral nerve block or in the combination with polarized light irradiation in 3 cases of intracranial disorders.
12th WSPC International Pain Clinic Congress, Torino, Italy 2006.7.4-7

Kusama N, Hattori T, Katsuya H, Ito T
Chronic NTG administration attenuates the function of EDHF in rabbit coronary artery.
Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists (ASA), Chicago, USA  2006.10.14-18

Fujita Y, Katsuya H
Restricted-Volume Replacement Reduces Blood Loss during Donor Hepatectomy for Liver Transplantation.
Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists (ASA), Chicago, USA  2006.10.14-18

Morita M, Sasano H, Azami T, Katsuya H
The skin-traction method can increase cross-sectional area of internal jugular vein.
Annual Meeting of the American Society of Anesthesiologists (ASA), Chicago, USA  2006.10.14-18

Ito S, Mardimae A, Fedorko L, Katznelson R, Minkovich L, Kessler C, Han J, Slessarev M, Duffin J, Fisher J
Accurate induction and measurement of alveolar PCO2.
The 15th International Hypoxia Symposium, Alberta, Canada 2007.2.27-3.3

Prisman E, Slessarev M, Ito S, Watson R, Preiss D, Vesely A, Greene D, Norboo T, Stobdan T, Diskit D, Norboo A, Kunang M, Fisher J, Appenzeller O
Cerebrovascular responses to exogenous NO at altitude and during induced hyperoxia in Ladakh highlanders.The 15th International Hypoxia Symposium, Alberta, Canada 2007.2.27-3.3

Mardimae A, Kessler C, Ito, S, Han J, Slessarev M, Duffin J, Chi L, Popovic M, Fisher J
The cardiac output response to negative inspiratory pressure during orthostatic stress.
The 15th International Hypoxia Symposium, Alberta, Canada 2007.2.27-3.3

Slessarev M, Prisman E, Ito S, Watson R, Jensen D, Preiss D, Greene R, Norboo T, Stobdan T, Diskit D, Norboo A, Kunzang M, Fisher J, Duffin J, Appenzeller O
Chemoreflex control of breathing in Himalayan and sea-level residents.
The 15th International Hypoxia Symposium, Alberta, Canada 2007.2.27-3.3

Watson R, Greene R, Prisman E, Slessarev M, Ito S, Norboo T, Stobdan T, Diskit D, Norboo A, Kunzang M, Fisher J, Appenzeller O
Intima-media thickness in Ladakh highlanders.
The 15th International Hypoxia Symposium, Alberta, Canada 2007.2.27-3.3

Ito S, Slessarev M, Prisman E, Watson R, Greene R, Norboo T, Stobdan T, Diskit D, Norboo A, Kunzang M, Fisher J, Duffin J, Appenzeller O
Serum lactate increased with mild exercise in native Himalayan highlanders.
The 15th International Hypoxia Symposium, Alberta, Canada 2007.2.27-3.3

Prisman E, Slessarev M, Ito S, Watson R, Preiss D, Vesely A, Greene D, Norboo T, Stobdan T, Diskit D, Norboo A, Kunang M, Fisher J, Appenzeller O
Cerebrovascular responses to exogenous NO at altitude and during induced hyperoxia in Ladakh highlanders.
The 15th International Hypoxia Symposium, Alberta, Canada 2007.2.27-3.3

Slessarev M, Prisman E, Ito S, Watson R, Preiss D, Greene R, Norboo T, Stobdan T, Diskit D, Norboo A, Kunzang M, Fisher J, Duffin J, Appenzeller O
The cerebral blood flow response to CO2 in Himalayan highlanders with and without chronic mountain sickness.
The 15th International Hypoxia Symposium, Alberta, Canada 2007.2.27-3.3

国内学会発表

打田由美子、祖父江和哉、太田美穂、小野徹、伊藤明美、水野信子、稲垣幸恵、竹山廣光、真辺忠夫、勝屋弘忠
糖質調整流動食(インスロー)は集中治療室における重症患者の血統調節性を改善する
第21回日本静脈経腸栄養学会 岐阜 2006.1.26-27

山内浩揮、笹野寛、草間宣好、勝屋弘忠
小児心臓外科術後のプレアルブミン値の検討
第11回CCM輸液・栄養研究会 東京 2007.1.27

杉浦健之、薊隆文、森田正人、平手博之、藤田義人、祖父江和哉、笹野寛、竹内昭憲、津田喬子、勝屋弘忠
麻酔科全体のマンパワーをいかに増やすか?―大学院大学としてー
第2回日本麻酔科学会東海・北陸支部 愛知 2006.2.11

笹野信子、藤田義人、徐民恵、祖父江和哉、勝屋弘忠
重炭酸リンゲル液(ビカーボンR)を用いて術中輸液管理を行ったMitochondrial Myopathy Encephalopathy,Lactic Acidosis and Stroke-Like Episodes(MELAS)の1症例
第2回日本麻酔科学会東海・北陸支部 愛知 2006.2.11

笹野信子、志田恭子、田村哲也、杉浦健之、勝屋弘忠
当院における麻酔導入時間に関する調査
第2回日本麻酔科学会東海・北陸支部 愛知 2006.2.11

伊藤弘晃、祖父江和哉、杉浦健之、森島徹朗、平手博之、加藤妙、徐民恵、田村哲也、藤田義人、勝屋弘忠
Ieukin-1βによる水チャネルaquaporin-4(AQP4)の発現の誘導
第33回日本集中治療医学会学術集会 大阪 2006.3.2-4

藤田義人、笹野寛、竹内昭憲、祖父江和哉、加藤妙、津田喬子、勝屋弘忠
3D-CTで示された中心静脈カテーテルくも膜下迷宮の小児の一例
第33回日本集中治療医学会学術集会 大阪 2006.3.2-4

笹野寛、伊藤弘晃、森田正人、成松紀子、黒田幸恵、草間宣好、志田恭子、勝屋弘忠
当院ICUにおける患者情報管理システム導入2年後の現状
第33回日本集中治療医学会学術集会 大阪 2006.3.2-4

隅田英憲、坪内宏樹、中村智之、西田修、勝屋弘忠
集中治療領域におけるserum amyloidの動態
第33回日本集中治療医学会学術集会 大阪 2006.3.2-4

中村智之、西田修、坪内宏樹、隅田英憲、勝屋弘忠
ICUにおける血清亜鉛濃度の推移
第33回日本集中治療医学会学術集会 大阪 2006.3.2-4

草間宣好、梶栗潤子、渡辺義将、伊藤猛雄
ニトログリセリン慢性投与はウサギ大動脈弁内皮細胞の過分極反応を減少させる
第79回日本薬理学会 横浜 2006.3.8-10

祖父江和哉
血液脳関門の機能と脳浮腫
第20回福井救急集中治療医学研究会 福井 2006.3.18

森島徹朗、祖父江和哉、伊藤弘晃、平手博之、飯田裕子、藤田義人、浅井清文、勝屋弘忠
脳腫瘍に伴う脳浮腫発生に果たす水チャネル<アクアポリン>の機能
第10回日本神経麻酔・集中治療研究会 大阪 2006.4.14-15

祖父江和哉、徐民恵、谷本元基、石井文康、山田和雄、津田喬子、勝屋弘忠
覚醒下開頭術における遂行機能マッピングと麻酔管理
第10回日本神経麻酔・集中治療研究会 大阪 2006.4.14-15

藤田義人、祖父江和哉、勝屋弘忠
硬膜外麻酔併用全身麻酔時に必要な最小限セボフルラン濃度の検討
第10回日本神経麻酔・集中治療研究会 大阪 2006.4.14-15

平手博之、津田喬子、祖父江和哉、森田正人、徐民恵、春原啓一、勝屋弘忠
過去5年間における当科での会陰周囲部痛症例の検討
第17回東海ペインクリニック研究会(日本ペインクリニック学会東海地方会) 名古屋 2006.5.13

杉浦健之
急激な進行を認めた緑膿菌による重症壊死性肺化膿症の一症例
第9回日本臨床救急医学会 岩手 2006.5.11-12

竹内昭憲
2005年日本国際博覧会(愛知万博)における心肺停止症例について
第9回日本臨床救急医学会 岩手 2006.5.11-12

田村哲也
ビタミンK欠乏性出血症による頭蓋内出血を契機に発見された胆道閉鎖症の一例
第9回日本臨床救急医学会 岩手 2006.5.11-12

草間宣好、服部友紀、勝屋弘忠、伊藤猛雄
ニトログリセリン慢性投与はウサギ冠動脈の内皮由来過分極反応を減少させる:
日本麻酔科学会第53回大会 神戸 2006.6.1-3

加藤妙、祖父江和哉、杉浦健之、竹内昭憲、津田喬子、勝屋弘忠
重炭酸リンゲル液の大量投与における安全性の検討
日本麻酔科学会第53回大会 神戸 2006.6.1-3

森田正人、笹野寛、薊隆文、藤田義人、安藤雅樹、勝屋弘忠
カニュレーション時の皮膚テープによる内頸静脈拡張法の体位角度別血管拡張効果の検討
日本麻酔科学会第53回大会 神戸 2006.6.1-3

笹野寛、薊隆文、笹野信子、藤田義人、加藤利奈、勝屋弘忠
院内飛沫感染予防のための新型酸素マスク
日本麻酔科学会第53回大会 神戸 2006.6.1-3

薊隆文、藤田義人、杉浦健之、徐民恵、田村哲也、勝屋弘忠
経鼻酸素投与時の呼気終末二酸化炭素分圧(PETCO2)測定法の工夫
日本麻酔科学会第53回大会 神戸 2006.6.1-3

笹野信子、津田喬子、森田正人、志田恭子、播磨恵、勝屋弘忠
当院における麻酔導入時間に関する調査
日本麻酔科学会第53回大会 神戸 2006.6.1-3

伊藤弘晃、祖父江和哉、森島徹朗、加藤妙、笹野寛、勝屋弘忠
Interleukin-1βによる水チャンネルaquaporin 4発現の誘導(第3報)脳浮腫形成のメカニズムの解明をめざして
日本麻酔科学会第53回大会 神戸 2006.6.1-3

平手博之、祖父江和哉、伊藤弘晃、有馬一、浅井清文、勝屋弘忠
マンニトールによる水チャネルaquaporin4を介した脳浮腫改善効果の発現機序
日本麻酔科学会第53回大会 神戸 2006.6.1-3

祖父江和哉、勝屋弘忠
脳浮腫における水チャネル<アクアポリン>の機能とその調節機構
日本麻酔科学会第53回大会 神戸 2006.6.1-3

谷内仁、竹内昭憲、増田和彦、成松紀子、久保貞裕、鎌尾貴裕
フェンタニル及びプロポフォールの持続静脈内投与にて管理した重症破傷風の1例
第3回日本救急医学会中部地方会学術集会 石川 2006.6.4

田村哲也、笹野寛、薊隆文、森田正人、笹野信子、森島徹朗、松本卓也、勝屋弘忠
高アンモニア血症による意識障害を来たした多発性骨髄腫の一例
第14回日本集中治療医学会東海北陸地方会 富山 2006.6.17

井上明日香、祖父江和哉、平手博之、加藤妙、成松紀子、井口広靖、津田喬子、勝屋弘忠
厳重な栄養管理により長期人工呼吸管理から離脱できた先天性疾患術後の1症例
第14回日本集中治療医学会東海北陸地方会 富山 2006.6.17

加藤利奈、笹野寛、藤田義人、伊藤弘晃、安藤雅樹、水落雄一朗、志田恭子、勝屋弘忠
乳び胸に対しオクトレオチドの使用が有効であった一症例
第14回日本集中治療医学会東海北陸地方会 富山 2006.6.17

松本卓也、徐民恵、笹野寛、伊藤弘晃、杉浦健之、草間宣好、飯田裕子、山内浩揮、竹内昭憲、勝屋弘忠
当院ICUにおける小児心臓手術後患者に対するデスクメデトミジンの使用状況~初期負荷量に対するアンケート調査
第14回日本集中治療医学会東海北陸地方会 富山 2006.6.17

杉浦健之
カプサイシンの基礎と臨床~発痛物質か、鎮痛薬か?
日本ペインクリニック学会第40回大会 神戸 2006.7.13-15

平手博之、津田喬子、祖父江和哉、森田正人、徐民恵、春原啓一、勝屋弘忠
過去5年間における当科での会陰周囲部痛症例の検討
日本ペインクリニック学会第40回大会 神戸 2006.7.13-15

吉本鉄介、津田喬子、春原啓一、杉浦健之、笹野信子、大堀久、勝屋弘忠
神経ブロック療法は緩和ケアチームにとって頻度は少ないが不可欠な能力である コンサルト連続500件から
日本ペインクリニック学会第40回大会 神戸 2006.7.13-15

田村哲也、杉浦健之、津田喬子、薊隆文、祖父江和哉、徐民恵、伊藤弘晃、竹内昭憲、勝屋弘忠
微小血管減圧術後の三叉神経痛残存・再燃症例に対する治療について
日本ペインクリニック学会第40回大会 神戸 2006.7.13-15

祖父江和哉、伊藤弘晃、平手博之、杉浦健之、藤田義人、青山峰芳、三浦裕、津田喬子、勝屋弘忠、浅井清文
Interleukin-1b induced the expression of aquaporin-4 through a NF-kB pathway in rat astrocytes.
第49回神経化学会大会 名古屋 2006.9.14-16

森島徹朗、祖父江和哉、飯田裕子、青山峰芳、三浦裕、勝屋弘忠、浅井清文
Lactic acidosis induces expression of aquaporin 4 in rat astrocytes.
第49回神経化学会大会 名古屋 2006.9.14-16

加藤利奈、徐民恵、薊隆文、成松紀子、竹内昭憲、勝屋弘忠
頸椎前方固定術後に両側の声帯麻痺と診断されたWallenberg症候群の1症例
日本臨床麻酔学会第26回大会 旭川 2006.10.26-28

祖父江和哉、徐民恵、森島徹朗、水落雄一朗、飯田裕子、笹野寛、勝屋弘忠
覚醒下開頭腫瘍摘出術における遂行機能(前頭葉機能)マッピングの試み
日本臨床麻酔学会第26回大会 旭川 2006.10.26-28

井上明日香、藤田義人、笹野寛、草間宣好、津田喬子、勝屋弘忠
硬膜外麻酔併用全身麻酔時に必要な最小限セボフルラン濃度の検討
日本臨床麻酔学会第26回大会 旭川 2006.10.26-28

田村哲也、杉浦健之、伊藤弘晃、平手博之、森田正人、笹野寛、勝屋弘忠
食道癌手術周術期におけるアルブミン製剤の使用について
日本臨床麻酔学会第26回大会 旭川 2006.10.26-28

杉浦健之、山内浩揮、加藤妙、平手博之、祖父江和哉、津田喬子、勝屋弘忠
術中脳モニタリングとしての血管エコーによる総頸動脈血流の測定 大動脈弓部置換の1症例
日本臨床麻酔学会第26回大会 旭川 2006.10.26-28

伊藤弘晃、祖父江和哉、杉浦健之、加藤妙、山内浩揮、森田正人、薊隆文、勝屋弘忠
術前に診断されなかった異所性褐色細胞腫
日本臨床麻酔学会第26回大会 旭川 2006.10.26-28

井口広靖、祖父江和哉、田村哲也、志田恭子、播磨恵、津田喬子、勝屋弘忠
当院手術部の血液ガス分析電送システムにおける携帯型分析器の有用性
日本臨床麻酔学会第26回大会 旭川 2006.10.26-28

松本卓也、薊隆文、伊藤弘晃、笹野信子、安藤雅樹、勝屋弘忠
非挿管患者でのEtCO2測定法の正確性の検討
日本臨床麻酔学会第26回大会 旭川 2006.10.26-28

徐民恵、祖父江和哉、加藤妙、井口広靖、平手博之、伊藤弘晃、勝屋弘忠
頻拍で発症し剖検にて高安動脈炎合併と判明したHELLP症候群の1例
第34回日本救急医学会 福岡 2006.10.30-11.1

加藤妙、藤田義人、安藤雅樹、竹内昭憲、祖父江和哉、平手博之、田村哲也、徐民恵、山内浩揮、笹野寛、勝屋弘忠
重症度評価としての血中乳酸値の検討 疾患別による相関の強さの検討
第34回日本救急医学会 福岡 2006.10.30-11.1

安藤雅樹、竹内昭憲、薊隆文、草間宣好、津田喬子、勝屋弘忠
ICU長期入室患者における深在性真菌症のリスクファクター
第34回日本救急医学会 福岡 2006.10.30-11.1

間渕則文、勝屋弘忠
山小屋・山岳診療所でのAED設置の限界(山上越冬実験)
第34回日本救急医学会 福岡 2006.10.30-11.1

竹内昭憲、中川隆、田渕昭彦、花木芳洋、北川喜己、荒木恒彦、野口宏
愛知県気管挿管教育の課題
第34回日本救急医学会 福岡 2006.10.30-11.1

増田和彦、竹内昭憲、谷内仁、服部友紀、成松紀子、久保貞祐、鎌尾貴裕、安藤雅樹、南仁哲
医学部1年生に対する一次救命処置(BSL・AED)講習会実施の効果について
第34回日本救急医学会 福岡 2006.10.30-11.1

南仁哲、久保貞祐、安藤雅樹、谷内仁、増田和彦、竹内昭憲
呼吸管理を要したWernicke脳症の一例
第4回日本救急医学会中部地方会 浜松 2006.12.9

井口広靖、安藤雅樹、田村哲也、祖父江和哉、笹野寛、竹内昭憲、勝屋弘忠
来院時血中アンモニア値異常値を呈したCPAの一例
第4回日本救急医学会中部地方会 浜松 2006.12.9

竹内昭憲、久保貞祐、服部友紀、谷内仁、成松紀子、鎌尾貴裕、荒川和幸
名古屋市立大学病院救急部の救急隊症例検討会
第4回日本救急医学会中部地方会 浜松 2006.12.9

竹内昭憲、谷内仁、服部友紀、成松紀子、久保貞裕、鎌尾貴裕、荒川和幸
上腸間膜動脈解離の一症例
第4回日本救急医学会中部地方会 浜松 2006.12.9

井上明日香、山内浩揮、祖父江和哉、森島徹朗、成松紀子、竹内昭憲、勝屋弘忠
当院での重症筋無力症に対する麻酔方法の検討
第4回日本麻酔科学会東海・北陸支部地方会 名古屋 2007.2.17

矢内るみな、薊隆文、志田恭子、徐民恵、加藤妙、笹野寛、勝屋弘忠
術前に診断されなかった異所性褐色細胞腫の麻酔経験
第4回日本麻酔科学会東海・北陸支部地方会 名古屋 2007.2.17

井口広靖、平手博之、草間宣好、播磨恵、水落雄一朗、飯田裕子、勝屋弘忠
弾性ストッキング誤使用により末梢神経障害を発症した一例
第4回日本麻酔科学会東海・北陸支部地方会 名古屋 2007.2.17

松本卓也、薊隆文、田村哲也、加藤利奈、津田喬子、勝屋 弘忠
経鼻酸素投与時の呼気酸素濃度(FI02)の簡易計算法
第4回日本麻酔科学会東海・北陸支部地方会 名古屋 2007.2.17

薊隆文、杉浦健之、田村哲也、加藤利奈、津田喬子、勝屋弘忠
低流量麻酔における亜酸化窒素の取り込み量の簡易計算法
第4回日本麻酔科学会東海・北陸支部地方会 名古屋 2007.2.17

研究費

平成18年度 科学研究費補助金 基盤研究C
RNAiを用いた軽度低温の脳浮腫抑制効果に果たす水チャンネルの機能解析
研究代表者 藤田義人 150万円

平成18年度 科学研究費補助金 若手研究B
術後痛動物モデルにおける末梢侵害受容器の修飾
研究代表者 杉浦健之 340万円

平成18年度 名古屋市立大学特別研究奨励費
軽度低温の脳浮腫抑制効果における水チャンネル、アクアポリンのRNAiを用いた機能解析
研究代表者 藤田義人 70万円

平成17-19年 AstraZeneca Research Grant
Serotonergic enhancement of TRPV1 function contributes to visceral hypersensitivity via vagal afferent pathway in rats.
研究代表者 杉浦健之 200万円