区域麻酔学会参加報告

【担当】名市大麻酔科K

4月13日、14日に大阪府立国際会議場で開催された日本区域麻酔学会に参加してきました。

一般演題では、永井先生が「食道癌術後の難治性胃管肺瘻に対する胃管離断術を脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔にて 良好に管理し得た一例」で発表をしました。

超音波ガイド下神経ブロックハンズオンワークショップでは、仙頭先生が経験者向け(中・上級者)上肢コースのインストラクター、草間先生が経験者向け(中・上級者)下肢コースのインストラクターを担当しました。

夕暮れ時、美しい夜景が見られました。学会懇親会のあと、野菜のおいしいフレンチのお店で食事会を開きました。

ちょうど時期が重なったので、大阪造幣局桜の通り抜けにも行ってきましたが、すごい混雑ぶりでした。

来年は高知で学会とJ-RACE2019があります。J-RACE合格に向けてこれから対策を始めていこうと思います。