日本集中治療医学会東海・北陸地方会学術集会

【担当】祖父江和哉

地方会の学術集会が6月25日に名古屋駅近くの
ウインクあいちで開催されました。

名市大麻酔科は以前より事務局をさせてもらっているため、
学術集会の成功は気になるところです。
チーム医療の代表である集中治療ですので、
医師、看護師、臨床工学技士、リハビリ、栄養など
多くの職種の参加があり、500名程度の参加があったようです。

当院からも4名の一般演題発表、1名の教育講演をしてきました。

ICU1606

うれしいことに、S先生が優秀演題賞を受賞しました!
おめでとうございます!

sano

受賞できなかった先生のプレゼンテーションも
大変すばらしいものでした。
麻酔科2年目になるH先生のプレゼンは、教室の先輩たちが
感心するほど立派でした。若手は短期間でどんどん成長します。
本人の努力と教育的な先輩たちの力の融合かな・・・

これからも麻酔科医の働きやすく学びやすい環境を
整備していかなくてはならないと思った学会でした。